令和3年度 全国公開実践発表会

 令和4年1月21日に「視覚障害教育の専門性の向上 〜自立と社会参加に向けた、一人一人に応じた指導の充実を目指して〜」をテーマに、「令和3年度全国公開実践発表会」を行いました。
 初めに、各学部の公開授業を行った後、それぞれ助言者をお呼びして研究授業検討会(分科会)を行いました。最後に基調講演として、千葉県教育庁教育振興部特別支援教育課課長青木隆一氏より、「新学習指導要領と今後の盲学校の自立活動」についてお話をいただきました。
 本発表会は新型コロナウィルス感染症対策の為、当日参加に加えて、開催後にビデオにて視聴できるビデオ・オンデマンド視聴方式を取り入れ準備を進めてきました。
 当日は感染拡大の為、参加者が来校できない状況となりましたが、小学部の分科会や基調講演をオンラインで実施し、助言者・講師の先生方から今後の教育活動につながる多くの指導、助言をいただくことができました。今回の発表会を通して学んだことを今後の本校の視覚障害教育の実践に活かしていきたいと思います。

(写真)小学部分科会の様子 (写真)中学部分科会の様子
 (写真)普通科分科会の様子 (写真)理療科分科会の様子 
(写真)基調講演の様子