教職員対象 心肺蘇生時の対応研修会

 4月5日(金)に、八王子消防署の救急隊員の方を迎え、心肺蘇生(AEDの使い方など)の対応方法について研修を行いました。
 心肺蘇生研修では、視覚に障害のある教職員は晴眼者とペアになり、必要な支援を受けながら研修を進めました。体育館の中では、助けを呼ぶ人や心臓マッサージを必死に行う人など緊迫した研修会となりました。
 本校では、毎年このような研修会を行っており、緊急時に教職員が冷静な対応ができるように準備をしています。

(写真)AEDを使う体験をしている様子

(心肺蘇生・AED体験)