小学部 書き初めをしました

 3学期が始まりました。
 そして新しい年もスタートし、小学部では、恒例の書き初めを各学年で行いました。

 今年1年が良い年になるように目標を考えながら、心静かに墨をすりました。


 視覚障害のある児童は、立体コピーのお手本で文字の形を確認し、漢字の形やその意味の学習にも興味をもって取り組みました。墨の香りの中で筆をとり、少し緊張感をもちながら心を込めて書くと達成感もあり、日本の伝統文化「書道」の心にも触れられる体験となりました。

 −小学部の児童が選んだ言葉−
*季節にちなんだ言葉
「もち」「こま」「ゆき」
*好きな言葉
「くるま」「にわとり」「希望」
*書きたい文字
「山」「心」「光」「道」
*今年の願い
「輝く『星』のような一年に」
「目標や希望が『実る』ように」
「自分に『勝』てるように」

○気持ちの込められた文字が書きあげられ、小学部の廊下に展示されました。