日本伝統文化教育

 音楽科では、伝統・文化理解教育を充実させ、日本音楽の良さや美しさを味わう心情を育てることを目的に、外部人材を活用し授業を行っています。
 今年度は昨年度に引き続き、箏曲演奏家の佐藤順子(よりこ)さんを講師に招き、幼小学部、中学部、高等部普通科の授業で演奏鑑賞と、楽器の触察、演奏体験を行いました。幼・小学部の子供たちは、生の箏の音色に聴き入り、「お箏を聴くのが楽しかった」「弦に触って音が出たのがうれしかった」などの感想を話していました。また、授業で「さくら」を練習している中・高等部生徒は、「先生の箏の音色は本当にきれい」「ポピュラーソングも箏で聴くと雰囲気が違う」「山田流と生田流の違いが分かった」など、伝統文化のすばらしさを再確認する機会となりました。

      幼稚部                         小学部
(写真)ポピー   (写真)レクリエーション「はないちもんめ」の相談中
     「お箏の弦に触ってみよう」          「高い音から順番に音を出してみよう」

     中学部                          高等部普通科 
(写真)ポピー    (写真)レクリエーション「はないちもんめ」の相談中
   「低い音の一の弦は体に響く音がする」   「「見上げてごらん夜の星を」の音色に聴きいる」