小学部1・2年生活科見学

 6月10日(金)に小学部1・2年生で多摩動物公園へ生活科見学に行きました。
 初めに、動物の糞を触ったり匂いを嗅いだりして比べながら、動物解説員の草野さんに動物の生活についてお話を伺いました。用意していただいた糞は、ゾウ・シマウマ・キリン・ライオンです。草食動物の糞には、草の繊維がたくさん混ざっていることや、キリンは何度も草を噛むので栄養をたくさん取っていることなどを教えてもらいました。子供たちは、ライオンの糞の匂いを嗅いで、「くさい!お肉の匂いがする!」などと口々に感想を言っていました。
  また、事前に考えた質問にも答えてもらいました。ダチョウの鳴き声やシロオリックスの寝る姿など、動物についてたくさん勉強できました。 園内散策では、キリンの食事風景を間近で見ることもできました。チーターが檻の中を走る様子も見え、「はや―い!」と大興奮の子供たちでした。
 おいしいお弁当を食べた後は、昆虫園へ行きました。蝶の温室に行ったりナナフシやバッタを触ったりと、昆虫と触れ合うこともできました。


(写真)ゾウの糞を触りました  (写真)ナナフシを触りました
       <ゾウの糞を触りました>                    <ナナフシを触りました>