横浜市立盲特別支援学校との交流会

 12月21日(金)に横浜市立盲特別支援学校を高等部普通科の生徒が訪問して、交流会を行いました。  
 この日までに、生徒会の役員を中心に交流会の準備を進めてきました。役員の生徒たちは挨拶や出し物の説明の担当を決めるなど、昼休みや放課後を使って準備をしました。また、他の生徒たちも出し物のために、体育や音楽の授業で一生懸命に練習を重ねてきました。
 交流会では、横浜市立盲特別支援学校の生徒会役員を中心に、「仲間分けゲーム」や「伝言ゲーム」を行い、両校の生徒が一緒になって、とても楽しい時間を過ごすことができました。昼食の時間も両校の生徒が混ざってグループを作り、お互いの学校生活などについておしゃべりをして、笑い声が止むことがありませんでした。
 八王子盲学校の出し物では、運動会で踊ったダンスと「COSMOS」の合唱を披露しました。横浜市立盲特別支援学校は、生徒たちが作詞・作曲した歌を歌ったり、楽器を演奏したりしてくれました。会場の全員が出し物の素晴らしさに感動し、とても盛り上がりました。
 短い時間でしたが、歌やゲームを通して、両校の生徒が交流を深めることができた素敵な一日になりました。

(写真)出し物でパーランクをたたいている様子                  (写真)運動会で行ったバランスボールを使った演技を披露している様子
(写真)正門の前での集合写真
(写真)出し物でパーランク演技を行っている様子                  (写真)発表直前の様子の写真