小学部 都内盲交流会

 9月27日に小学部4〜6年生が都内盲学校交流会に参加しました。
 4年生は、開会式で、相棒のハッチをおともに、八盲の学校紹介を立派にやり遂げました。学年別集会では、「盲学校へ行こうよ」、「じゃんけん列車」、「ゴロピカドン」をやりました。いろいろな友達とペアになって自己紹介をしたり、じゃんけん列車で、最後の2人まで勝ち残ったりしました。ゴロピカドンでは、皆で一つの大きな輪になり、ゴロゴロピカピカ、左右にボールを回し、ドーン!で、ボールを持っていたら大当たり!最後に大当たりで皆にお祝いをしてもらいました。
 5年生は、学年別集会で、「自己紹介」、「学校○×クイズ」、「昼か夜か電柱か」をやりました。「学校○×クイズ」では、事前に考えておいた八王子盲学校にまつわる○×クイズを3問出しました。問題を出す人、○×カードを持つ人など分担して、場を盛り上げていました。「昼か夜か電柱か」では、違う学校の児童にタッチしたり、一緒に歩いたり、とても楽しそうでした。
 6年生は、学年別集会で、ゲームの企画と、進行をがんばりました!特に、ボール回しゲームでは、音楽をその場でピアノで演奏し、ボールを持っている人へのお題も考えて出しました。みんなを盛り上げるような元気いっぱいの司会進行で、とても楽しい会になりました。6年生は、最後の盲学校交流会でしたが、「きっとまた会えるね、手紙書くね」と笑顔のお別れとなりました。
 どの学年にとっても、楽しい有意義な交流会となりました。

(写真)6年生が司会進行をしています。(写真)5年生がボールゲームで遊んでいます。