運動会を終えて

 10月13日(土)、2年に一度の全校行事運動会が行われました。前日まで雲行きが怪しく、延期も懸念されました。しかし、幼児・児童・生徒の「運動会をやりたい」という熱い想いが伝わり、運動会当日は雨の心配もなく、幼稚部から理療科までが一致団結して、紅組と白組が優勝を目指して競い合いました。時には宿敵として、時には仲間として競技や演技に取り組む幼児・児童・生徒の姿は感動そのものでした。    今年の運動会は、総合優勝・応援合戦ともに白組の勝利に終わりました。両組とも一人一人が練習してきた成果を発揮し、熱い戦いを繰り広げました。
 その素晴らしい八盲の運動会の様子をダイジェストで紹介します。

幼稚部

幼稚部演技〜GO!GO!アニマルキッズ☆〜

 ふたば保育園の子供たちと一緒に、ゴリラ・ぞう・あひる・うさぎ・へびに変身して、可愛く元気な「どうぶつたいそう」を披露しました。

小学部

小学部演技〜Let‘s try 〜爽COOL!〜

 ブリッジや扇などを取り入れた集団体操、WANIMAの「やってみよう」に合わせてダンスを披露しました。所々に英語を散りばめ、最高にクールでした。

小学部競技〜bamboo shoot〜たけのこさん家の祝い方

 竹ぽっくり・キッキングアタック・バンブーダンス等で力を合わせて競いました。可愛いタケノコがたくましく成長し、皆で仲良くタケノコ体操を踊りました。

中学部

中学部演技〜ボディーパンプダンシング〜

 「一体感」を演技テーマに、縄跳び、マット運動、ボディパンプを行いました。演じている自分達が「一体感」を感じ、観ている人達にも一生懸命さが伝わる素晴らしいパフォーマンスでした。

中学部競技〜一致団結!全力リレー〜

 二人三脚、袋跳び、手押し車、ムカデの4種類を合わせたリレーを行いました。頭をつかって、気持ちをひとつにしてゴールを目指し、ハラハラドキドキしたリレーでした。

高等部(普通科・理療科)

普通科演技〜To challenge〜

  普通科のテーマは挑戦!一人ひとりできることは違っても、みんなで一丸となって様々なリズム・動き・個人演技に挑戦しました。「♪風になりたい」に乗り、パーランクを叩きながら挑戦という風になりました。

理療科競技〜八盲カーリング2018〜

 「八盲カーリング」では2人1組で円の中心にめがけ、タイヤを転がしました。円の中心に止まるミラクルショットが出るなど紅白一歩も引かない大熱戦でした。

高等部競技〜綱引き〜

  1本の綱を引き合い、力と力をぶつけ合いました。白組の頑張りもむなしく、赤組の圧倒的なパワーに完敗でした。2年後は、白組のリベンジを期待します。

全校種目

 幼稚部から理療科まで全学部が参加する種目です。

50m走

 ゴール方向からの音源を目指して走る音源走。音源走は音をたよりに走るため、声援はゴール後になります。

100m走

 トラック2/3を二人で走るデュアルレース(二人が同時に並んで走る)で行いました。








音源玉入れ ポン!ポン!ポン!

 音源に向かって玉を投げます。1回戦は幼稚部から中学部、2回戦は高等部が参加します。プールに入れば1点、たらいに入れば5点とし、紅白で得点を競います。八盲全員が一体となる運動会のメイン競技です。今年は、たらいに入った数の差が勝利の分かれ目となり、白組が勝利しました。

紅白リレー

 小学部から高等部まで、それぞれの学部を代表するランナーたちが、紅白各組の意地と勝負をかけて最後の闘いを繰り広げました。白組に追いつかんばかりの勢いで赤組が巻き返しを図りましたが、後一歩およばす、白組が勝利しました。

応援合戦(紅)

 3つのパートに分かれた応援合戦を行いました。力強さや格好良さ、可愛らしさや美しさ、そして、団結心。赤組全員が一つになった素晴らしい応援でした。

応援合戦(白)

  2018ロシアワールドカップに負けない熱気でした。白組代表選手としてピッチに立つ応援団員とサポーターの幼児・児童・生徒達が一体となり、笑いあり、感動ありの躍動感のある応援でした。

PTA&教員リレー〜あせらず・ゆっくり・格好良く〜

 10年ぶりにPTA種目が復活しました。サブテーマを忘れて、皆、懸命に走りました。普段見せることのない姿に、会場が大いに沸きあがりました。